どうして占いにハマるのか?それはその多様性にある!

現代だけでなく、大昔から多くの人々の関心事は占いです。
とはいえ、「そんなの迷信」、「バカみたい」という意見もよく聞かれます。でも、そういった人は占いについてほとんど知らないのです。
「今日のあなたの運勢は」というものが占いの全てだと思ったら大間違いです。何故なら、占いには色々な種類、そして歴史があるからです。また、その人によって向き不向きがあるのです。

ステレオタイプのイメージの占いと言えば星占いですが、とても長い歴史があります。
古代メソポタミア南部で民間信仰されていたものが起源とされていますが、その後、天体学と融合するなど体系づけられた占術となり、現在では最も科学的な占いとも言われています。
というのも、星占いと聞くと西洋占星術が真っ先に思い浮かびますが、東洋でもインド、中国と言った各国で類似した占いが行われており、いくつもの共通点があるからです。

その他、名前占いなど多種多様ですが、名前は千差万別、国によっても異なります。そのため、相占いにも注目が集まっています。
相占いとは、人相が最も代表的ですが、ファミリーツリーであったり、印鑑であったり、形があるものであれば全て占い方があります。

他にも、タロット占い、水晶占いなどがあるわけですが、占いが人々を虜にするのは、その多様性と、それらを組み合わせることによって色々解釈ができるということです。
もし、「当たりっこない」という人は、新聞やWebの一言占いではなく、体系づけられた占いで、尚かつ専門の占い師に見てもらいましょう。もしかすると、新しい発見があるかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ